子供英会話バルーンキッズ

子供英会話バルーンキッズの各レッスン内容のご紹介です (英会話レッスンの特色、会話、教材など)  

クラス別レッスン構成
子供英会話教室バルーンキッズクラス構成トップはじまり

バルーンキッズ子供英会話教室の特色

バルーンキッズ子供英会話では、自分の母国語が英語であるネイティヴスピーカーによる英語だけのレッスンを行っています。 私たちが自然に日本語を覚えていった感覚そのままに目・耳・口・体全体を使って言葉そのものを体感しながら自然に学んでいけるようレッスンを組み立てています。 その上で、英語以前の能力に合わせた指導を担当制・少人数制・年齢別による効率的なクラス編成で行っております。
子供英会話教室にありがちなカード遊び中心の楽しいだけのレッスンでは英語を習得することは出来ません。バルーンキッズ子供英会話のレッスンでは、選りすぐりの先生が繰り返しを重視しながらただリピートするだけでは終わらない積み上げていくレッスンを実現しています。
また、50分(親子クラスは40分)レッスンの中にたくさんの内容をギュッと詰め込んでリズミカルなレッスンを行うことにより質・量ともに落とすことなく繰り返しのレッスンで英語を使うことまでを学び英語力の定着を確かなものにしています。
バルーンキッズ子供英会話のクラス編成は、年齢の理解力を基本に考え、グループレッスンの楽しさと一人一人をしっかりケアーできるクラス編成です。子供英会話親子クラスでは親子一緒に楽しく学べるリスニング重視のレッスン・子供英会話幼児クラスでは歌やアクションを多く取り入れもちろん簡単な会話にも挑戦しながら興味を持続させ自然に英語を学べるレッスン・子供英会話小学校低学年クラスでは理解力を考え楽しいゲームで英語で考えることを学び、じっくり会話に取り組むレッスン・子供英会話小学校高学年クラスでは応用力を活かし考えて英語を使うレッスンを行っています。

Conversation-会話

バルーンキッズ子供英会話では、先生と生徒たちが直接英語でコミニュケーショを行い、英語での言葉のキャッチボール (ダイレクトメソッド) を通して英会話を学んでいます。もちろん最初はリピートを繰り返し、発音やセンテンスのイントネーションと言葉そのものをマスターしていきます。 その上で言葉の意味・文章の意味を色々な角度から学習し理解を深めていきます。 体を使い動作を伴った会話から場面設定を行い、ロールプレイングの学習を通してマスターした英語を使う練習をしていきます。 ここが大事なポイントです。リピート学習だけ、テキスト通りに会話しただけでは英語を使うことが出来ません。 理解力別のクラスで段階をふみながら、英語を使うことの繰り返しの中で積み上げていく学習を行い、自分の蓄積している英語の中から言葉を選び文章を組み立てフリーのカンバセーションにつなげていく指導を行っています。

Text-教材

バルーンキッズ子供英会話のレッスンでは、英語教材として定評のあるLongmanのSUPER TOTS・SUPER KIDSというテキストを使用しています。子供英会話のレッスンでは、テキスト重視ではないので年齢によって全体の20%から40%使用します。このテキストは、ユニットごとの構成になっていて、会話だけとか単語だけとかの限られた内容ではなく、単語・会話・文法・読み書きとひとつのユニットに多岐にわたる充実した内容が入っています。幼児クラスでは基本重視、小学校低学年クラスでは基本から発展させて関連したものを付け加えて、高学年クラスではさらに応用させて自分の状況に合わせた会話にふくらませていきます。テキストは何年かかけて使用させていただきますが、バルーンキッズ子供英会話ではただテキストに書いてある内容をリピートするだけでなく、その文章を使う時の状況を把握することから始め、内容理解を深め、さらに自分の言葉として習ったフレーズを使えるように色々な角度からの学習を進めています。これはかなりのティーチングテクニックを必要とする高度な学習となり、理解を深め使える英語をマスターして行く事につなげていきます。

Reading &Writing-読み書き

バルーンキッズ子供英会話は、自分の母国語が英語であるネイティヴスピーカーによるフォニックスを基本とした独自の指導法でReading・Writingを行っています。 この方法は、実際に英語圏の子供たちが学んでいるフォニックス教育法で、ネイティヴスピーカーによる本物の音から学ぶ指導法です。 とにかく書いて覚えることしか知らなかった日本人の大人にとっても驚きの方法です。この方法を日本の子供たちに合わせてバルーンキッズ子供英会話が独自にアレンジしています。 まず、基本となるのは、英語と日本語の文字の仕組みの違いです。日本語には「あ・い・う・え・お」と文字の読み方が一通りですが、英語にはアルファベット読みのA(エイ)・B(ビー)・C(シィー)という「文字の名前」とAppleのA(ア)、ballのB(ブ)、catのC(ク) (*英語の発音はもちろんカタカナ読みとは違いますが、ここでは便宜上カタカナで記入します。)と綴りにしたときの「文字の音」の二つを持っています。このことを踏まえて、まず「文字の音」をマスターし次のスッテップとしてさまざまなフォニックスのルールを学んでいきます。指導に当たっては、フォニックスの音の理解度、英語以前の理解力・応用力によってクラスごとに段階を踏んで指導しています。 この音から学ぶ指導法により、はじめてみる英語でも正解に近い読み方ができ、ルールを学ぶことで日本での英語教育に不可欠な書きの力をつけることができます。
※ バルーンキッズ子供英会話教室の各クラスごとの詳しいレッスン内容は各ページをご覧ください
子供英会話教室バルーンキッズクラス構成トップ終わり