子供英会話バルーンキッズ

子供英会話バルーンキッズの ハロウィン/クリスマス/フェアー など、楽しイベントを紹介します  

お楽しみイベント紹介
日本にもたくさんの年中行事があるように、諸外国にも興味深いイベントがたくさんありますね。
バルーンキッズ子供英会話教室では、英語圏の国々の風習や文化から国際的な感覚を身に付けられるアクティビティをレッスンに取り入れています。
ここではそのイベントの一部を紹介します。各行事についての豆知識もありますので、お子様との会話にお役立てください。
★ ボタンをクリックすると各行事へジャンプします ★
HALLOWEEN FAIR X'MAS
HALLOWEEN FAIR X'MAS
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 ハロウィーン
英語圏ではハロウィーンをどう過ごすの?
ハロウィーンは、仮装パーティー、仮装行列、また子供たちがお菓子をもらい歩くことも有名です。 子供たちは何ヶ月も前から準備してきたコスチュームに身をまとい、「Trick or treat !?」と言いながら近所中を一軒一軒まわります。 「Trick」は(いたずら)、「Treat」は(ごほうび)のことで、「いたずらとごほうびのどっちがいい?」 つまり「お菓子くれないといたずらするよ!」という意味です。
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 ハロウィーン
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 ハロウィーン
そこで、大人たちはあらかじめ用意しておいたキャンディーやチョコレートなどをあげます。 あげないと生卵をぶつけられたり、トイレットペーパーを庭の木にぐるぐるまかれたりなんていうちょっと過激ないたずらをされる事もあるそうです。
仮装はみんなさまざま。一般的なのは、おばけ、魔女等ですが、その年に流行っているマンガのキャラクターも人気があります。
その他、夜みんなで友達の家に集まってホラームービー観賞パーティーをする楽しみ方もあります。
バルーンキッズ子供英会話教室のハロウィーンは、先生も子供たちも仮装して楽しみながらレッスンをします。 ハロウィーンにちなんだゲームや工作、お菓子を配ったりと盛りだくさんの時間を過ごします。
このような体験から、英語圏の国々の風習や文化を知って国際的な感覚を身に付けていきます。
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 ハロウィーン
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 豆知識
「ハロウィーン」とは、北米の国々を中心にお祝いされている、クリスマスと並ぶ欧米の最も大きなイベント・お祭りの一つで、日本でいえば「お盆」にあたる古くからの習慣です。
「先祖を迎える」という意味と「豊作を祝い、冬の間の収穫を祈る」という二つの意味を持っています。
アイルランドに住む古代ケルト民族のサムハイン(Samhain)祭が起源といわれています。
10月31日はケルト暦では大晦日(新年は11月1日)にあたります。サムハイン祭とは新しい年と冬を迎えるお祭りで、この日の夜には死者の魂が家に帰ると信じられていました。
このお祭りは後にキリスト教にとりこまれ、11月1日はすべての聖人(死者)を祝福する日「All Saint's(聖徒) Day」となりました。
その前夜である10月31日は「All Hallows Even」(Hallowとはアングロ・サクソン語で「聖徒」)として位置付けられ、それが縮まって「Halloween」となりました。
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 FAIR
FAIRは何をする行事?
「Fair(フェアー)」とは、主に田舎の方で夏から秋に行われる大きなお祭りのことです。
乗り物とゲームが一番の呼び物となっていて、特にジェットコースターやカーレースなどが人気のようです。 フェアーはいわば移動遊園地のようなもので、何もない広い場所に次々と乗り物が組み立てられ、フェアーの会場が完成します。
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 FAIR
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 FAIR
乗り物の他にも、わなげやボール投げなどのゲームでおもちゃやぬいぐるみをゲットしたり、綿菓子やカキ氷などの食べ物を楽しんだり。子供たちが大好きなものがいっぱいです。 また、夜になると花火大会が催され、朝早くから夜遅くまで家族全員で楽しめます。子供たちは、1年に一度だけ訪れるこのフェアーを心待ちにしています。
バルーンキッズ子供英会話教室のフェアーは夏休み直前に催されます。 先生が企画したオリジナルのゲームや歌など、お友達と楽しみながら欧米の文化の一つを体験する良い機会だと考えています。 子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 FAIR
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 豆知識
「Fair(フェアー)」は、もともとは家畜や農産物を持ち寄って売る農業の催しとして始まりました。 子供たちが自分で育てた家畜をコンテストに出場させ、賞を競い合いました。 アメリカでは8月の終わりから9月の始めにかけて新学期が始まるので、子供たちにとってフェアーは夏が終わり秋が始まることを告げるイベントなのです。 日本の文化と照らし合わせて考えてみると「夏祭り」に近いイベントかもしれませんね。
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 クリスマス
英語圏ではクリスマスをどう過ごすの?
クリスマスといえばご存知の通りイエス・キリストの誕生日ですね。 欧米では日本のお正月のような休日はないので(普通1月1日だけお休み)、その分年末のクリスマスを思いっきり楽しみます。 多くの人たちは、日本人がお正月休みに帰省するように、親戚、家族で集まったりして過ごすことが多いようです。
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 クリスマス
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 クリスマス
クリスマスツリーには本物の木を使います。 モミの木のほかに松、ヒイラギ、ヤドリギ、月桂樹といった常緑樹が使われます。
一年中葉が落ちず緑のままの常緑樹には「永遠の命」というイメージがあるからです。 日本同様ツリーの飾り付けは様々ですが、天使をモチーフにした飾り付けが多いようです。
クリスマスは世界中の子どもたちが楽しみにしている年中行事の一つですね。 バルーンキッズ子供英会話教室では毎年クリスマスイベントを催します。
サンタクロースに扮した先生とクリスマスソングを歌ったり、クリスマスにちなんだゲームをします。 欧米のクリスマスの雰囲気をみんなで楽しみましょう。
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 クリスマス
子供英会話バルーンキッズ お楽しみ イベント紹介 豆知識
イエス・キリスト誕生の日時は、昔から春や夏に生まれたなどの諸説もあったようです。 現在12月25日がクリスマスとして世界でお祝いされるようになった起源は、古代ヨーロッパの「冬至祭り」と言われています。 悪霊が駆け回る暗黒の冬が終わり、生命の息吹が目覚め始める冬至の日。 後にこの冬至の日とキリスト教が結びついたとされています。
クリスマスには欠かせない子どもたちのアイドル「サンタクロース」は、4世紀、現在のトルコに実在した聖人、聖ニコラウスがモデルです。 彼は様々な奇跡を起こして不幸な人々を助けた庶民の味方として人気があったといいます。 「セント・ニコラウス」は英語読みで「サンタクロース」と呼ばれ、幸せを運ぶ使者としてアメリカの人々にも親しまれるようになりました。
このように様々な歴史と深く結びついているクリスマスですが、現在、言葉や宗教などは違っても、家族や親しい人たちと過ごす心温まる行事であることには違いが有りませんね。
  ページトップへ